コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウリカエデ(読み)うりかえで

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウリカエデ
うりかえで / 瓜楓
[学]Acer crataegifolium Sieb. et Zucc.

カエデ科の落葉低木ないし小高木。別名メウリノキ。樹皮がウリハダカエデと同様に緑色であるが、木、葉などが小さい。葉は対生し、葉柄は1.5~3センチメートル、葉身は長さ4~8センチメートル、幅3~6センチメートルの卵形で、しばしば浅く3裂し、縁(へり)に細鋸歯(さいきょし)がある。冬芽の鱗片(りんぺん)は2対。雌雄異株。花は淡黄色の小花で、4月に約10個の花が総状花序に開く。本州の福島県以西、四国、九州の温帯から暖帯の山地に分布し、日当りのよい道端や、二次林などによくみられる。[緒方 健]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のウリカエデの言及

【カエデ(楓)】より

…日本には次の種類を含め7種がある。ウリカエデ(別名メウリノキ)A.crataegifolium Sieb.et Zucc.(イラスト)は福島以西の本州,四国,九州の低山地に分布する小高木。樹皮はウリハダカエデと同様に暗緑色。…

※「ウリカエデ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android