コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウリクラゲ Beroe cucumis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウリクラゲ
Beroe cucumis

有櫛動物門無触手綱ウリクラゲ目ウリクラゲ科。体長5~15cmの瓜 (うり) 形で,全体に淡紅色を帯びる。寒天質は薄く,体表面に縦に8列の櫛板列がある。各櫛板列には太い毛が横に並んでおり,これを動かしながら移動する。浮遊生活をし,小型の甲殻類やクラゲを大きな口で飲み込む。世界各地の沿岸に普通にみられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ウリクラゲ

クシクラゲ

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウリクラゲ
うりくらげ / 瓜水母
[学]Bero cucumis

有櫛(ゆうしつ)動物門無触手綱ウリクラゲ科に属するクラゲ。ほかの一般のクシクラゲ類と異なって、成体でも幼体でも触手をまったくもたない。体はウリ形で、高さ15センチメートルほどに達し、全体は薄い紅色を示す。口および咽頭(いんとう)は大きく、体を縦に走る水管からは多数の枝分れした小枝を出している。体の表面には縦の水管に沿って8本の櫛板(くしいた)がある。大きな口で、ほかのクラゲや浮遊性の甲殻類などを食べる。世界の海に広く分布するが、日本の沿岸にもプランクトンとして普通にみられる。[山田真弓]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ウリクラゲの関連キーワードウリクラゲ(瓜水母)谷津 直秀モザイク卵有櫛動物櫛水母瓜水母水管

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ウリクラゲの関連情報