コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウリクラゲ ウリクラゲ Beroe cucumis

3件 の用語解説(ウリクラゲの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウリクラゲ
ウリクラゲ
Beroe cucumis

有櫛動物門無触手綱ウリクラゲ目ウリクラゲ科。体長5~15cmの瓜 (うり) 形で,全体に淡紅色を帯びる。寒天質は薄く,体表面に縦に8列の櫛板列がある。各櫛板列には太い毛が横に並んでおり,これを動かしながら移動する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウリクラゲ
うりくらげ / 瓜水母
[学]Bero cucumis

有櫛(ゆうしつ)動物門無触手綱ウリクラゲ科に属するクラゲ。ほかの一般のクシクラゲ類と異なって、成体でも幼体でも触手をまったくもたない。体はウリ形で、高さ15センチメートルほどに達し、全体は薄い紅色を示す。口および咽頭(いんとう)は大きく、体を縦に走る水管からは多数の枝分れした小枝を出している。体の表面には縦の水管に沿って8本の櫛板(くしいた)がある。大きな口で、ほかのクラゲや浮遊性の甲殻類などを食べる。世界の海に広く分布するが、日本の沿岸にもプランクトンとして普通にみられる。[山田真弓]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ウリクラゲの関連キーワードアラゲキクラゲ有櫛動物帯水母櫛水母風船水母クロキクラゲシロキクラゲコトクラゲウリクラゲ(瓜水母)オビクラゲ(帯水母)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ウリクラゲの関連情報