ウルグアイ川(読み)ウルグアイがわ(英語表記)Río Uruguay

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウルグアイ川
ウルグアイがわ
Río Uruguay

ポルトガル語では Rio Uruguai。南アメリカ南部東寄りを流れる川。パラナ川とともにラプラタ川をつくる。全長約 1500km。ブラジル南端部,大西洋岸に連なるマル山脈に源を発して北西流するペロタス川が,右岸にカノアス川を合せたのちウルグアイ川と呼ばれるようになり,ブラジル高原を西流。アルゼンチンとの国境に達した地点で南西に流れを変え,国境に沿って流れて低地に出る。モンテカセロスでブラジル国境を離れるとともにアルゼンチンとウルグアイの国境となって南流。左岸に最大の支流ネグロ川を受けたのち,ブエノスアイレスの北方でパラナ川の三角州に流入,その下流にラプラタ川と呼ばれる大三角江を形成し,大西洋に注ぐ。ウルグアイ国境となってからサルトまでの間には急流部が多く,航行の障害となっているため,水路としての重要性はパラナ=パラグアイ川より低い。外洋船はラプラタ川から約 200km上流のパイサンドゥまで,それより小さい船ならばさらに 100km上流のサルトまで遡航できる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウルグアイ川
うるぐあいがわ
Ro Uruguay

南アメリカ南東部の川。ブラジル南部のジェラール山脈を源とし、初めペロタス川の名で西北西へ流れ、のち南西ないし南流し、ラ・プラタ川の入り江の奥に注ぐ。延長約1600キロメートル。中流部はブラジルとアルゼンチンの国境を、下流部はウルグアイとアルゼンチンの国境をなす。流域面積35万0250平方キロメートル。可航区間は比較的短く、河口から約350キロメートル上流のコンコルディア(アルゼンチン)およびサルト(ウルグアイ)までに限られる。これより上流には、中生代白亜紀の玄武岩質溶岩層が各所で河床・河岸に露出し、滝や早瀬が多い。6~10月が増水期、1~3月が渇水期にあたる。コンコルディアにおける平均流量は毎秒5400立方メートルと見積もられている。同市の上流にあるグランデ滝付近に堤長2100メートルのダムと、国際水力発電所が建設された。[松本栄次]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

別腹

1 これ以上は食べられない満腹状態でも甘い菓子なら食べられることを、別の腹に入るといった語。「甘いものは別腹」2 「べっぷく(別腹)」に同じ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android