コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウルンダヌブラタン寺院 ウルンダヌブラタンジイン

2件 の用語解説(ウルンダヌブラタン寺院の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ウルンダヌブラタン‐じいん〔‐ジヰン〕【ウルンダヌブラタン寺院】

Pura Ulun Danu Bratan》インドネシア南部、バリ島北部の高原保養地ブドゥグルにあるヒンズー教寺院。ブラタン湖の湖畔に位置する。11層のメル(石塔)があり、湖の守護神である水の女神を祭る。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界の観光地名がわかる事典の解説

ウルンダヌブラタンじいん【ウルンダヌブラタン寺院】

インドネシアのバリ島ブドゥグルのチャンディクニン公園内にあるヒンドゥー教の寺院。タナロット寺院(Pura Tanah Lot)と並んで景観が美しい寺院として知られる。同寺院の境内は4つのエリアからなるが、そのうち2つはブラタン湖(チャトゥール山のクレーター内にできたカルデラ湖)の中にある。この寺院は1633年、メングウィの王によって建立されたもので、湖上の11層のメル(塔)には湖の神デヴィ・ダヌが祀られている。◇正式名称は「Pura Ulun Danu Bedugul」。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ウルンダヌブラタン寺院の関連キーワードインドネシアインドネシア語派タマンナルマダチュルクインドネシアの恋唄ジャガッナタ寺院タマンミニインドネシアバトゥブラン村ガルーダ・インドネシア航空機事故日本のインドネシア占領

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone