ウルンダヌブラタン寺院(読み)ウルンダヌブラタンジイン

世界の観光地名がわかる事典の解説

ウルンダヌブラタンじいん【ウルンダヌブラタン寺院】

インドネシアのバリ島ブドゥグルのチャンディクニン公園内にあるヒンドゥー教の寺院。タナロット寺院(Pura Tanah Lot)と並んで景観が美しい寺院として知られる。同寺院の境内は4つのエリアからなるが、そのうち2つはブラタン湖(チャトゥール山のクレーター内にできたカルデラ湖)の中にある。この寺院は1633年、メングウィの王によって建立されたもので、湖上の11層のメル()には湖の神デヴィ・ダヌが祀られている。◇正式名称は「Pura Ulun Danu Bedugul」。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android