コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウワミズザクラ(上溝桜) ウワミズザクラPrunus grayana

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウワミズザクラ(上溝桜)
ウワミズザクラ
Prunus grayana

バラ科の落葉高木。日本全土に分布し,野山の雑木林や湿原に生える。一年枝には細毛があり,小枝は晩秋の落葉後に脱落し枝に瘤をつくる。葉は互生し長楕円形で長さ6~10cm,幅 2.5~5cm,中央またはそれ以下の幅が最も広く,先はとがる。葉の基部に1対の蜜腺がある。4~6月,一年枝の先に多数の小さな白色花を長さ5~15cmの穂状につける。花柄の長さはの 1.5~3倍。花弁は5枚でおしべより短い。めしべ1本,花柱 1本。核果卵形で先がとがり黒熟する。新潟県地方では若い花穂や果実を塩漬にし「アンニンゴ」と称して食べる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

日馬富士 公平

大相撲力士。身長186センチ、体重137キロ。1984年4月14日生まれ、モンゴル・ゴビアルタイ出身。伊勢ヶ濱部屋に所属。本名はダワニャム・ビャンバドルジ。2001年1月の初場所で初土俵、2012年1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android