コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウー・タント ウータント

2件 の用語解説(ウー・タントの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ウー・タント

ビルマ(現ミャンマー)の政治家。ラングーン大学卒業後教育界にはいったが,第2次大戦後は反ファシスト人民自由連盟に参加。独立後,情報局長,駐米大使を経て1957年国連代表,1961年国連暫定事務総長となり,1962年正式に第3代目の事務総長に就任,1967年再選,1971年末任期満了とともに退任した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

20世紀西洋人名事典の解説

ウー・タント
U Thant


1909.1.22 - 1974.11.25
ビルマの政治家。
元・国連事務総長(第3代)。
パンタナウ生まれ。
第二次大戦前は高校教師をしていたが、戦後ラングーン大学在学中に反ファシスト人民自由連盟で活動、独立後は情報局長、経済社会局長を歴任した。1957年に駐米大使、国連代表となり’62年には第3世界初の事務総長に就任’71年には中国国連加盟に尽力した。また、キューバ危機ベトナム停戦など調停者として重要な役割もはたした。

出典|日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)
(C) 1995 Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ウー・タントの関連キーワードビルマ語ビルマ戦争ペグーミャンマーアウンサンバモー緬甸ラングーン事件ビルマ猫ミャンマーとビルマ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone