コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウー・タント U Thant

1件 の用語解説(ウー・タントの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ウー・タント【U Thant】

1909‐74
ミャンマーの政治家で,第3代国連事務総長ラングーン大学卒業。第2次世界大戦後〈反ファシスト人民自由連盟〉で活動し,独立後は情報局長,経済社会局長などを歴任。1957年駐米大使,国連代表となる。61年9月に急死したハマーショルド事務総長のあとをうけて,事務総長代理となり,62年11月30日に正式の事務総長に就任後,71年末まで2期務めた。前任者に比べて地味な人柄ながら,非同盟国出身の政治家としてキューバ危機コンゴおよびキプロスの紛争,ベトナム問題など重要な案件に取り組み,調停者としての役割を果たした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ウー・タントの関連キーワードミャンマー緬甸ラングーン事件ミャンマーとビルマミャンマーのサイクロン被害ミャンマーの少数民族と武装勢力ミャンマーのゾウ在日ミャンマー人ミャンマーの民主化運動ミャンマーの少数民族

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone