コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウー・タント U Thant

世界大百科事典 第2版の解説

ウー・タント【U Thant】

1909‐74
ミャンマーの政治家で,第3代国連事務総長ラングーン大学卒業。第2次世界大戦後〈反ファシスト人民自由連盟〉で活動し,独立後は情報局長,経済社会局長などを歴任。1957年駐米大使,国連代表となる。61年9月に急死したハマーショルド事務総長のあとをうけて,事務総長代理となり,62年11月30日に正式の事務総長に就任後,71年末まで2期務めた。前任者に比べて地味な人柄ながら,非同盟国出身の政治家としてキューバ危機コンゴおよびキプロスの紛争,ベトナム問題など重要な案件に取り組み,調停者としての役割を果たした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ウー・タントの関連キーワード牧野省三[各個指定]工芸技術部門伊藤博文グリフィススバルマッキム・ミード&ホワイト安井息軒(やすいそくけん)レオポルド2世父の日ピーター・ドラッカー