エグベルト(英語表記)Egbert; Ecgberht

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エグベルト
Egbert; Ecgberht

[生]?
[没]839
イギリス,七王国時代のウェセックス王 (在位 802~839) 。若い頃フランクのカルル1世 (大帝)のもとに亡命。帰国して即位。 825年エレンダンの戦いでマーシアを破り,829年これを征服。ノーサンブリアなど他の王国を服属させ,初めて統一イングランド王国を形成した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エグベルト
えぐべると
Egbert
(?―839)

ウェセックス王(在位802~839)。ウェセックス王朝の後裔(こうえい)ケント王エアルフムントの子。ベオルフトリック王とウェセックス王位を争ったが敗れ、王がマーシアのオファ王の娘をめとるやフランクのカール大帝の宮廷に亡命した。この亡命中フランクの発展した諸制度を見聞し、ベオルフトリック王の死後ウェセックス王となり、亡命中の見聞を王国の経営に生かした。825年エランダンの戦いでマーシアを破り、ケント、エセックス、サリーを支配し、829年ドーアの戦いでノーサンブリアを破り、838年にはデーン人と結合したブリトン人をも撃破して、ウェセックスによるイングランド統一の基礎を築いた。[富沢霊岸]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

肉肉しい

肉料理に対する形容の一つ。しっかりした食感や肉汁が溢れるなど、強く「肉っぽさ」を感じさせる料理を表すのに用いられる。2010年代後半に、塊肉や熟成肉、肉バルなど様々な肉料理の流行に伴い、テレビや雑誌な...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android