コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エステル記 エステルき Book of Esther

2件 の用語解説(エステル記の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エステル記
エステルき
Book of Esther

旧約聖書中の歴史書の最後の書。ヘブライ語原典では第3部諸書の5巻 (メギロース) に属する。プリムの祭りの起源とその名前とに関して明らかにすると思われる伝説的な事件を扱っている。ユダヤ人の娘エステル女主人公とするロマンチックで愛国的な物語は,おそらく当時の歴史的背景に基づいていると思われるが,神の名は一度も使われず,ほとんど宗教的色彩はない。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エステル記
えすてるき
The Book of Esther

旧約聖書』中の一書。紀元前2世紀の成立とされ、ユダヤ教の五大祭の一つであるプリム(くじ)の祭りの起源を説明する物語である。物語は、ペルシアアハシュエロスクセルクセス1世。在位前486~前465)の王妃に迎えられたユダヤ女性エステルとその養父モルデカイの活躍を描く。大臣ハマンが国内の全ユダヤ人の殺戮(さつりく)を計画し、くじによってその日を決める。ところがエステルの働きによって、アダルの月(太陽暦の3月ごろ)の13日、運命の日にハマンはモルデカイにかわって木につるされ、ユダヤ人に敵意を抱くペルシア人7万5000人が王命によって逆に処刑された。この物語はプリム祭にユダヤ教の会堂で朗読されたが、極端な民族主義的傾向と過酷な復讐譚(ふくしゅうたん)が文学的評価とは別に、宗教書としての本書の存在にさまざまな評価を与えている。[秋輝雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

エステル記の関連キーワードイブ旧約聖書ヘブライ神話預言書歴代志エレミアエレミヤ哀歌《旧約聖書の天文学》サライ(旧約聖書)聖書ヘブライ語

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone