コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エゾツツジ えぞつつじ

1件 の用語解説(エゾツツジの意味・用語解説を検索)

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エゾツツジ
えぞつつじ / 蝦夷躑躅
[学]Rhododendron camtschaticum Pall.

ツツジ科の常緑小低木で高さ10~30センチメートル。葉は倒卵形、長さ2~4センチメートルで先が円く、縁(へり)に長い毛がある。7~8月、枝先に総状花序をつくり、数個の花をまばらにつける。花冠は深く5裂し、紅紫色、径3センチメートル内外。雄しべは10本で下方の5本は長い。本州北部の高山帯、北海道から北太平洋岸に分布する。永存性の葉状の包葉があることや果実の形がホツツジに似ているので、独立のエゾツツジ属として扱われることもある。[小林義雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のエゾツツジの言及

【ツツジ(躑躅)】より

…しかし,系統的には常緑と落葉とで本質的な区別はなく,日本のツツジ類は半落葉性で,サクラツツジやマルバサツキのような常緑性といえるものもあり,ツツジ類とシャクナゲ類の区別は便宜的なものといえる。 ツツジ属はエゾツツジを除いて,大きくヒカゲツツジ亜属とツツジ亜属に分けられる。エゾツツジはしばしばツツジ属の一員として扱われるが,花序が長く伸び,大きな永存性の苞葉があり,萼裂片が大きいことなど,ツツジ属よりホツツジ属や北アメリカのクラドタムヌス属Cladothamnusに類縁があると思われ,エゾツツジ属Therorhodionとするのが妥当と思われる。…

※「エゾツツジ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

エゾツツジの関連情報