コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エダアシクラゲ エダアシクラゲ Cladonema pacificum

3件 の用語解説(エダアシクラゲの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エダアシクラゲ
エダアシクラゲ
Cladonema pacificum

刺胞動物門ヒドロ虫綱アンソアテカータ目エダアシクラゲ科。傘の高さ 4mm,幅 3mmほどの小さな鐘状のクラゲで,ゼラチン質は薄い。9本の細長い触手それぞれ褐色の短い枝を 10本ほど出し,腹面の枝で体を支えてホンダワラなどの海藻の上につく。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

エダアシクラゲ【Cladonema uchidai】

ヒドロ虫綱エダアシクラゲ科の腔腸動物(刺胞動物)。北海道から九州にかけて分布し,クラゲは沿岸のホンダワラなどの海藻の上に付着していることが多い。ポリプもそのような場所の岩石,貝殻やその他の上に付着する。クラゲはつりがね状で,高さ4mm,幅3mmに達し,寒天質は一様に薄い。放射管は8~9本。かさの縁から生ずる触手の基部は太くて触手瘤(りゆう)となり,黒色の眼点がある。おのおのの触手から短い枝がで,その先端には吸盤をもっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エダアシクラゲ
えだあしくらげ / 枝足水母
[学]Cladonema radiatum

腔腸(こうちょう)動物門ヒドロ虫綱ヒドロイド目エダアシクラゲ科に属するクラゲ。クラゲとポリプの両型がある。クラゲ型は高さ3~4ミリメートルほどの釣鐘形で、9本の放射管をもち、各放射管の末端にそれぞれ触手がある。触手はその左右および腹面から3~4本ずつの小枝を出しており、触手の基部には眼点がある。一方、ポリプ型は浅海のホンダワラなどの海藻上に付着しており、その走根から1個ずつポリプが直立している。各ポリプは高さ1ミリメートルほどの細い円筒状で、上端の口を取り巻いて4本の有頭触手がみられる。このポリプのほぼ中央部にクラゲ芽が無性的に形成され、やがてそれは幼クラゲとなってポリプから離れる。クラゲはあまり活発には泳がず、海藻の上などに静止していることが多い。日本各地沿岸の浅海に普通にみられる。[山田真弓]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

エダアシクラゲの関連キーワードギンカクラゲ腔腸動物ヒトツクラゲヒドロ虫類鰹の烏帽子管水母真水水母クラゲ(水母)バレンクラゲ(馬簾水母)ヒドロ虫

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone