エダウチチヂミザサ(読み)えだうちちぢみざさ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エダウチチヂミザサ
えだうちちぢみざさ / 枝打縮笹
[学]Oplismenus compositus (L.) Beauv.

イネ科の一年草。稈(かん)は斜上して高さ20~40センチメートル、基部近くの各節で太い不定根が出る。葉は披針(ひしん)形。10月ごろ、枝先に6~10本に分枝した花序をつける。小穂の長さは3~4ミリメートル、包穎(ほうえい)はともに直立してやや太い芒(のぎ)をもつ。伊豆七島、小笠原(おがさわら)、九州から沖縄の林床に群生し、アジアの熱帯に広く分布する。[許 建 昌]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

檄を飛ばす

自分の主張や考えを広く人々に知らせ同意を求める。また、それによって人々に決起を促す。飛檄。[補説]誤用が定着して「がんばれと励ます」「激励する文書を送る」という意味でも用いられる。文化庁が発表した「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android