コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エチオピア物語 エチオピアものがたりAithiopika

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エチオピア物語
エチオピアものがたり
Aithiopika

3世紀のギリシアの作家ヘリオドロスの小説。正式の題名は『テアゲネスカリクレイアに関するエチオピア物語』 Ta peri Theagenēn kai Charikleian Aithiopika。当時流行の恋愛冒険物語中最高の作。テアゲネスはデルフォイの巫女カリクレイアと恋仲になってエジプトへ駆落ちするが,海賊の手に落ちたり,別れ別れになったりして,数々の冒険の末にエチオピア軍の捕虜になって,まさに犠牲に捧げられようとしたときに,カリクレイアがエチオピア王の娘だったことがわかり,2人はめでたく結婚する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

エチオピアものがたり【エチオピア物語 Aithiopika】

ギリシア作家ヘリオドロスによる10巻の恋愛小説。現存する古代ギリシア小説の白眉とされる。エチオピアの王女カリクレイアは白い肌をもって生まれたため捨てられたが,デルフォイの巫女として育ち,テッサリアの貴公子テアゲネスと恋をする。数々の冒険と放浪の末,父母の祝福を受けて2人は結婚する。この小説はビザンティン,ルネサンス期に絶賛を受け,タッソやセルバンテスなどの作品の手本となった。【高橋 通男】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

エチオピア物語の関連キーワードギリシア文学

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android