コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エッケルスベール エッケルスベールEckersberg, Christoffer Wilhelm

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エッケルスベール
Eckersberg, Christoffer Wilhelm

[生]1783.1.2. ブラークログ
[没]1853.7.22. コペンハーゲン
デンマークの画家。コペンハーゲンのアカデミーに学んだのち,1810年パリに行き,ダビッドから古典主義的構成を学ぶ。 13年ローマで彫刻家 A. B.トルバルセンらと親交,16年コペンハーゲンに帰る。古典主義の明快で壮大な構成にやわらかな色調のニュアンスを加えて,ローマの風景やデンマークの海景を描いた。主要作品『コロセウムのアーケードから見たローマの眺望』 (コペンハーゲン国立美術館) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

エッケルスベールの関連キーワードハンス・J. ウェグナーエイリフ ペーテルセンハリエット バッケルパウル ケヤホルムカーレ クリント

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android