ニュアンス

精選版 日本国語大辞典「ニュアンス」の解説

ニュアンス

〘名〙 (nuance)
① ある語・語句の持つ表面的な意以外の、情緒的な意味や細かな意味。また、語句や文章の言外に表わされた意味や話し手の意図。
※美しい村(1933‐34)〈堀辰雄〉夏「それによってその淡淡とした物語に或る物悲しい陰影(ニュアンス)を与える」
② 絵画で、色の明度彩度色相の微妙な変化の現われをいう。また、音楽で、微妙な音色(おんしょく)の違いをいう。
※ふらんす物語(1909)〈永井荷風〉新嘉坡の数時間「色彩上のニュアンスや布局に関する争論

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「ニュアンス」の解説

ニュアンス(〈フランス〉nuance)

言葉などの微妙な意味合い。また、言外に表された話し手の意図。「発言のニュアンスを汲む」
色彩・音色などの微妙な差異。「細かいグラデーションでニュアンスを出す」
[類語]意味意義意味合い語感本義広義狭義概念いいこころ語意語義字義文意含意含み

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ツール・ド・フランス

フランスを舞台にした国際的規模のロードレース (→自転車競技 ) 。 1903年,フランス人の自転車選手兼ジャーナリストのアンリ・デグランジュが創設。以来,2度の世界大戦時以外は毎年開催されており,フ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android