エドワルド ペチシカ(英語表記)Eduard Petiška

20世紀西洋人名事典の解説

エドワルド ペチシカ
Eduard Petiška


1924 - 1987
チェコスロバキアの作家,詩人。
プラハカレル大学で哲学を専攻し、1949年博士号を取得。児童雑誌に1940年代中頃から作品を書き始め、数多くの童話や外国の神話、伝説の再話を書き、日本でも非常に好評を博した。作家活動以外にもチェコ作家同盟で児童文学の委員会に従事したり、児童本の出版社に協力などの活動を行った。代表作に「りんごのき」(’54年)、「もぐらとずぼん」(’60年)、「もぐらとじどうしゃ」(’63年)などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android