エドワード2世(読み)エドワードにせい(英語表記)Edward II

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エドワード2世
エドワードにせい
Edward II

[生]1284.4.25. ウェールズ,カーナボン
[没]1327.9.21. ブリストル,バークリー城
イギリス,プランタジネット朝のイングランド王 (在位 1307~27) 。エドワード1世の第4子。ウェールズ生れであることからプリンス・オブ・ウェールズの称をもった最初の皇太子。即位後,父王の命で追放されていた騎士 P.ギャビストンを呼戻し,信任するなど失政多く,対スコットランド戦争の失敗などにより,王妃イザベルや貴族の反抗を招き,捕えられて廃位され,バークリー城で死んだが,殺されたらしい。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

エドワード2世

生年月日:1284年4月25日
イングランド王(在位1307〜27)
1327年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

栄典制度

社会に対する功労者の栄誉を表彰するために国法上与えられる特殊な地位に関する制度。大日本帝国憲法時代には,爵,位,勲章および褒章があり,その授与は天皇の大権事項であった(15条)。日本国憲法下にいたって...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android