エネファーム(読み)えねふぁーむ(英語表記)ENE・FARM

知恵蔵mini「エネファーム」の解説

エネファーム

燃料電池実用化推進協議会によって定められた家庭用燃料電池コージェネレーションシステムの統一名称。2009年にガス会社や石油元売会社から販売が開始された。ガスや灯油から取り出した水素と空気中の酸素化学反応させて電気を作り出すシステムで、発電時に出る排熱給湯暖房に利用される。自宅で発電するため送電ロスがほとんどない上、排熱を利用するためエネルギー利用効率が高く、二酸化炭素の排出量を低減できるなどのメリットがある。導入には国の補助金制度が利用できるが、当初は約300~350万円と高額であることから普及が進まなかった。しかし、11年の東日本大震災にを発する停電リスクや電力不足によって注目が高まり、徐々に価格が下がっていることもあって導入する家庭が増加。13年には200万円を切る機種も登場している。

(2013-2-20)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

デジタル大辞泉「エネファーム」の解説

エネファーム

《Energie(エネルギー)+farm(農場)からの造語》燃料電池実用化推進協議会が定めた、「家庭用燃料電池コージェネレーションシステム」の統一名称。一般家庭に設置する自家発電給湯設備で、都市ガスLPガス灯油などから水素を取り出し、空気中の酸素と反応させて発電するシステムで、発電時の排熱も給湯に利用する。ガスなどから水素を取り出す過程で二酸化炭素が排出されるが、従来給湯器と比べて二酸化炭素の排出量を約4割削減できるとされる。平成21年(2009)5月からガス会社などが販売を開始した。商標名。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ワールドカップ

4年ごとに開催されるサッカーの世界選手権。国際サッカー連盟(FIFA(フィファ))が主催し、その加盟協会の代表チームによって争われる。[大住良之]概要FIFA傘下の6地域連盟ごとの「予選大会」と、それ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android