コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エネルギー外交[日本] エネルギーがいこうにほん

1件 の用語解説(エネルギー外交[日本]の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エネルギー外交[日本]
エネルギーがいこうにほん

1970年以降の世界的な資源問題意識の高揚,73年秋のアラブ石油輸出国機構 OAPEC石油戦略に触発され日本外交の主要なものの一つになった外交課題。当時日本は関西の主婦が「石油が来なくなるとトイレットペーパーがなくなる」との流言におびえ,スーパーマーケットに殺到したり,産油国に通産大臣,特使を送り込み,石油供給の代償に政策を親イスラエルから親アラブに変更するなどもろさを露呈した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

エネルギー外交[日本]の関連キーワード黒人問題鉄鋼業自動車工業朝鮮映画永堀剛敏RCA市民運動醸造業中南米映画電子工業

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone