エビアン・レ・バン(読み)えびあんればん(英語表記)Évian-les-Bains

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エビアン・レ・バン
えびあんればん
vian-les-Bains

フランス東部、オート・サボア県の保養地。レマン湖の南岸にある水浴場。人口7273(1999)。標高374メートル。温泉地として知られ、アルカリ性の鉱泉は、腎臓(じんぞう)病、肝臓病患者の治療に利用される。1962年アルジェリア戦争終了後、フランス政府代表とアルジェリア暫定政府代表との間で、エビアン協定がこの地で締結された。かつては小さな要塞(ようさい)都市。「エビアン水」の原産地。[大嶽幸彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

エビアン・レ・バンの関連情報