エビオン派(読み)エビオンは(英語表記)Ebionites

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エビオン派
エビオンは
Ebionites

禁欲的な初代キリスト教徒の一派。名称はヘブライ語の evyonium (貧しい者) に由来。エイレナイオスによれば,彼らは造物主としての神のみを信じ,イエスの神性を否定。処女懐胎を認めず,イエスはヨゼフとマリアの子であり,律法成就によってキリストとなったとする。加えてパウロを律法にそむく者として退けたため異端視された。彼らは独自の『エビオン派福音書』を用いたといわれている。 70年のエルサレム陥落後に起り,ヨルダン川東岸で発展,一部はグノーシス主義 (→グノーシス派 ) を受入れた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

エビオンは【エビオン派 Ebionites】

初期ユダヤ人キリスト教徒の一派。エルサレムの原始キリスト教団が紀元70年のエルサレム滅亡直前にヨルダン川東岸へ脱出し,以後教会史の主流を外れてその地に成立したもの。その呼称はエルサレム原始教団の自己表示〈貧しい者たち〉(《ローマ人への手紙》15:26など)にさかのぼるとされる。イエスの処女降誕を拒否し,正典福音書を改竄(かいざん)するなど独特の教義と祭儀を形成し,やがてシリア,パレスティナグノーシス主義的洗礼運動の中へ解消していった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

山鉾

神社の祭礼に引かれる山車の一つ。車の台の上に家や山などのつくりものをして,その上に鉾やなぎなたなどを立てたもの。平安時代の大嘗祭に悠紀(ゆき),主基(すき)の両国から出された標山(しるしのやま)に始ま...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android