コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エマージング市場 えまーじんぐしじょう

2件 の用語解説(エマージング市場の意味・用語解説を検索)

投資信託の用語集の解説

エマージング市場


成長段階の途中に位置し、近い将来の成長が期待される国や地域のこと。潜在成長力が見込まれて投資対象となっている。一般に、中南米東南アジア、中国、インド、東欧、ロシアなどがエマージング市場とされているが、発展途上のため高い運用成績を期待できる半面、政権交代や急激なインフレ、通貨暴落などのリスクもある。
成長が見込める国をグループ化したBRICs(ブラジル、ロシア、インド、中国),VISTA(ベトナムインドネシア南アフリカ共和国トルコアルゼンチン)等の造語もあり、投資対象をその地域に特化したファンドも設定されている。

出典|(社)投資信託協会
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エマージング市場
えまーじんぐしじょう
emerging markets

世界の経済・金融市場で、急速に勃興(ぼっこう)・台頭している国・地域や産業・業種の市場の総称。エマージングemergingは「出現、登場する」「発展途上の」という意味の英語で、「新興市場」「新興成長市場」ともよばれる。
 1980年代に、中南米諸国の累積債務問題を解消するために米ドル建てで発行されたブレイディ債が登場し、この取引市場を国際金融公社(IFC)がエマージング市場と名づけたことから、新興市場の呼称となった。株式、債券などを投資対象とする市場をさす場合が多いが、消費、輸出、生産などの市場規模を意味する場合にも使われる。エマージング市場への投資や輸出などは、経済の急成長や市場の急拡大によって大きな収益を得られる可能性がある半面、政権交代や紛争、債務・金融危機、通貨・インフレ不安などのカントリー・リスクが大きいという特徴もある。対象となる国・地域は、アジア、中南米、中近東・アフリカ、ロシア・東欧など高い潜在成長力をもつ新興諸国である。なかでも豊富な人口や資源をもつ国々をグループ化したBRICs(ブリックス)(ブラジル、ロシア、インド、中国)、VISTA(ビスタ)(ベトナム、インドネシア、南アフリカ共和国、トルコ、アルゼンチン)、MENA(ミーナ)(中東・北アフリカ諸国)などの造語が2000年以降に相次いでつくられているように、こうした国や地域を投資対象とする投資信託などのエマージングファンドの設定が急増している。
 また、ベンチャー企業が株式公開するアメリカのNASDAQ(ナスダック)や日本の東証マザーズなど、新興企業比率が高い取引所をエマージング市場とよぶこともある。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

エマージング市場の関連キーワード財政赤字成長段階成長産業カメ元気フード核の成長性機能低下成長試験胎児成長スカモンの成長曲線ループナーの成長法則

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

エマージング市場の関連情報