コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エリアマーケティング えりあまーけてぃんぐ

2件 の用語解説(エリアマーケティングの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

エリアマーケティング

土地柄や産業、交通インフラなど地域の特性に合わせた市場分析のこと。全国を一律視するのでなく、市町村、区・丁目といった括りで市場を細分化し、地域の特性に応じたビジネスモデルを組み立てる手法。地域の需要構造、競争環境に対応した「売れる仕組み」を考えるマーケティング手法。近年、顧客データベースの充実、地図情報システムGIS)の発達で急速に浸透しており、マクドナルドの地図情報システムを活用した出店体制などが有名で、多くのコンビニエンスストアも同様の仕組みを持ち、出店や商品販売戦略に役立てている。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

エリア‐マーケティング(area marketing)

地域特性の差異を重視して、マーケットに適合するきめの細かい対応策を実施して商品の販売を促進するマーケティング手法。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

エリアマーケティングの関連キーワード団地インフレヘッジ土地柄インフル人口構成ノンフライフライトインフォメーション食品群インフレーション(インフレ)アインシュタインの特性温度

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

エリアマーケティングの関連情報