コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エリシター elicitor

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エリシター
elicitor

病原菌に接触した植物に防御機能物質の合成を誘導する物質。病原菌細胞壁にあって,宿主となる植物の細胞膜にある受容体と結合して抗菌性物質フィトアレキシンの合成を促す。この性質を利用して,植物みずからの防御力を高める農薬や,エリシター産生量を増加させる遺伝子を組込んだ植物などの開発が進められている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

エリシター

植物に病害抵抗反応を誘導する活性をもつ物質の総称。植物病原菌が生産する生物的エリシターとそれ以外の非生物的エリシターがある。植物に作用して,ファイトアレキシンの蓄積など,病原菌に対する一連の抵抗反応を誘導する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

エリシター【elicitor】

病原菌が植物に感染したとき、フィトアレキシンの産生を誘発する物質。 → フィトアレキシン

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android