コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エリスリナ 〈ラテン〉Erythrina

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エリスリナ
えりすりな
[学]Erythrina

マメ科デイコ属の総称。エリスリナは赤色の意味。落葉高木で熱帯、亜熱帯に約100種分布する。デイコ(梯姑)E. variegata L. f. orientalis Merr.は東南アジア原産で高さ10~15メートルになる。枝に鋭い刺(とげ)があり、葉は3出複葉で互生し、小葉は三角状広卵形、長さ8~15センチメートル。落葉期の4~5月、総状花序に赤色の蝶形花(ちょうけいか)が密集して下向きに開く。沖縄では露地で栽培できる。果実は長さ10~30センチメートルの鎌(かま)形の莢(さや)になる。アメリカデイコE. crista-galli L.はブラジルからアルゼンチンに分布し、小高木で枝に鋭い刺を散生する。日本に広く栽培されているものは小葉が卵状楕円(だえん)形でやや革質のものが多く、園芸種のマルバデイコcv. Maruba-Deikoといわれる。花は6月ごろから開き、赤色の蝶形花は上向きに開き、旗弁は幅広い。通常カイコウズ(海紅豆)とよばれているが、海紅豆はナンバンアカアズキのことである。サンゴシトウE. bidwillii Lind.はヘルバケアE. herbacea L.とアメリカデイコの雑種である。小葉は広卵状菱(ひし)形で、6月ごろから、旗弁が開出しない濃赤紅色の蝶形花が下向きに開く。ともに関東南部以南の暖地に植栽され、繁殖は挿木、取木、実生(みしょう)による。[小林義雄]

利用

種子や樹皮にはエリトリナアルカロイドが含まれていて、麻痺(まひ)作用があるため、アメリカ・インディオは歯痛の治療に使った。またコロンビアでは、エデュリスE. edulis Triamの種子を煮て食べる。アフリカのセネガレンシスE. senegalensis DC.や、アメリカのアルボレアE. arborea (Chapm.) Small.は種子が赤くて美しく、原住民はネックレスなどの装飾品にする。材は一般に柔らかく、かつてタイではデイコの材を粉にしておしろいにした。葉はヤギ、ウシ、ヒツジの飼料になるが、多くは花木としても利用される。[湯浅浩史]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

エリスリナの関連キーワード挿木泉州

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android