エルウッド(英語表記)Ellwood, Thomas

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エルウッド
えるうっど
Charles Abram Ellwood
(1873―1946)

アメリカの社会学者。ニューヨーク生まれ。コーネル大学を卒業し、シカゴ大学、ベルリン大学でも学び、シカゴ大学で学位を取得。ネブラスカ、ミズーリ、デュークの各大学で教壇に立った。アメリカ社会学会会長などを歴任。心理学的社会学の開拓と発展に貢献した。アメリカにおける社会心理学の草創期を代表する研究者であり、文化社会学の発展にも寄与した。社会過程の諸相にも注目、社会生活と社会的行動が感情と深く結び付いていると説く。また、社会の進歩における知性の働きに注目した。主著は『社会心理学序説』An Introduction to Social Psychology(1917)、『人間社会の心理学』The Psychology of Human Society(1925)など。[山岸 健]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

エルウッド

生年月日:1873年1月20日
アメリカの社会学者
1946年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

エルウッドの関連情報