コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エルバラダイ エルバラダイ El Baradei, Mohamed

2件 の用語解説(エルバラダイの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エルバラダイ
エルバラダイ
El Baradei, Mohamed

[生]1942.6.17. カイロ
エジプトの外交官,法律家。エジプト法曹界の重鎮を父にもつ。 1962年カイロ大学を卒業。外務省に入省して外交官としてのキャリアを積み,ニューヨークジュネーブ国際連合の関係機関で働いた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エルバラダイ
えるばらだい
Mohamed ElBaradai
(1942― )

エジプトの政治家。2005年にノーベル平和賞を受賞した。弁護士協会会長を務めたムスタファ・エルバラダイの息子として、カイロに生まれる。1962年カイロ大学法学部を卒業後、1964年エジプト外務省に入省、ニューヨークとジュネーブで国際連合のエジプト常設代表部に勤務、1974年から1978年まで外務大臣特別補佐官を務めた。1974年にはニューヨーク大学で国際法の博士号を取得している。1980年エジプト外務省を退職し、国際連合の調査研修研究所の上級研究員となった。1984年には国際原子力機関IAEA)事務局の法律顧問を兼ねた幹部職に転じ、1993年事務局次長、1997年事務局長に就任、2005年には事務局長の3選を果たした。2009年任期満了に伴い退任。
 エルバラダイは事務局長として、イラク、北朝鮮、リビア、イランなど、多くの国の核開発問題を取り扱っている。IAEAはリビアやイランの核疑惑調査を通して、パキスタンのカーン博士を中心とした「核の闇市場」ネットワークの存在を明らかにした。2003年にはリビアは大量破壊兵器廃棄を表明している。一方、イラクについて、査察の責任者としてエルバラダイは、核兵器開発を裏づける確たる証拠は発見できなかったと発表、その後に起きたアメリカのイラク攻撃を批判した。また、2003年に国際核管理について、管理の強化を目ざした新たな構想を提案している。このような、核不拡散に対するIAEAの努力と、その中心となるエルバラダイに対して、2005年のノーベル平和賞が授与された。1999年(平成11)と2004年に来日している。なお、エジプト人のノーベル賞受賞はサダト(1978年、平和賞)、マハフーズ(1988年、文学賞)、ズベイル(1999年、化学賞)についで4人目である。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

エルバラダイの関連キーワード階乗カイロス貝楼貝尽しオールドカイロ位相同期回路国際固体素子回路会議大玉いろいろ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

エルバラダイの関連情報