コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エルバラダイ El Baradei, Mohamed

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エルバラダイ
El Baradei, Mohamed

[生]1942.6.17. カイロ
エジプトの外交官,法律家。エジプト法曹界の重鎮を父にもつ。 1962年カイロ大学を卒業。外務省に入省して外交官としてのキャリアを積み,ニューヨークとジュネーブの国際連合の関係機関で働いた。 1974年ニューヨーク大学で国際法の博士号を取得。同年から 1978年までエジプトの外務大臣の補佐役を務め,1981年国連訓練調査研修所 UNITARの上級研究員,ニューヨーク大学の非常勤講師となる。 1984年国際原子力機関 IAEA事務局入りして法律顧問として活躍,1993年外務担当副局長,1997年事務局長に就任した。 2001年再選,2005年3選。核拡散の危機が高まるなか,査察と粘り強い外交交渉を通して問題の解決をはかり,イラク大量破壊兵器開発疑惑,イラン核開発疑惑に際し制裁を求めるアメリカの提案に反対した。これらの活動が評価され,2005年 IAEAとともにノーベル平和賞を受賞。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エルバラダイ
えるばらだい
Mohamed ElBaradai
(1942― )

エジプトの政治家。2005年にノーベル平和賞を受賞した。弁護士協会会長を務めたムスタファ・エルバラダイの息子として、カイロに生まれる。1962年カイロ大学法学部を卒業後、1964年エジプト外務省に入省、ニューヨークとジュネーブ国際連合のエジプト常設代表部に勤務、1974年から1978年まで外務大臣特別補佐官を務めた。1974年にはニューヨーク大学で国際法博士号を取得している。1980年エジプト外務省を退職し、国際連合の調査研修研究所の上級研究員となった。1984年には国際原子力機関(IAEA)事務局の法律顧問を兼ねた幹部職に転じ、1993年事務局次長、1997年事務局長に就任、2005年には事務局長の3選を果たした。2009年任期満了に伴い退任。
 エルバラダイは事務局長として、イラク、北朝鮮、リビア、イランなど、多くの国の核開発問題を取り扱っている。IAEAはリビアやイランの核疑惑調査を通して、パキスタンのカーン博士を中心とした「核の闇市場」ネットワークの存在を明らかにした。2003年にはリビアは大量破壊兵器廃棄を表明している。一方、イラクについて、査察の責任者としてエルバラダイは、核兵器開発を裏づける確たる証拠は発見できなかったと発表、その後に起きたアメリカのイラク攻撃を批判した。また、2003年に国際核管理について、管理の強化を目ざした新たな構想を提案している。このような、核不拡散に対するIAEAの努力と、その中心となるエルバラダイに対して、2005年のノーベル平和賞が授与された。1999年(平成11)と2004年に来日している。なお、エジプト人のノーベル賞受賞はサダト(1978年、平和賞)、マハフーズ(1988年、文学賞)、ズベイル(1999年、化学賞)についで4人目である。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

エルバラダイの関連キーワード国際原子力機関(IAEA)事務局長核テロ防止条約外交官法律家

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

エルバラダイの関連情報