コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エルベ Elbe

翻訳|Elbe

大辞林 第三版の解説

エルベ【Elbe】

ヨーロッパ中部の河川。チェコのボヘミア盆地の水を集め、北西に流れてドイツを経て北海に注ぐ。河口近くにハンブルクがある。国際河川。長さ1165キロメートル。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エルベ
えるべ
Gustave Herv
(1871―1944)

フランスの政治家、ジャーナリスト。初め高等学校の歴史学教授を務めたが、社会党最左派の活動家として頭角を現し、その激しい反軍宣伝のため再三訴追された。1906年に自派の機関紙『社会戦争』La Guerre socialeを創刊する一方、第二インターナショナルの諸大会でも反愛国主義とゼネスト戦術を唱えて指導者たちから問題児視された。1914年の第一次世界大戦開幕に際しては一転して非妥協的愛国主義者となり、『勝利』La Victoireと改名した機関紙でクレマンソーの強硬論を支持した。大戦後はさらに右傾化し、1930年代にはペタン元帥の指導する「国民革命」を唱えて、後のビシー時代の先駆けとなった。[平瀬徹也]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

エルベの関連情報