コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エルモシージョ

百科事典マイペディアの解説

エルモシージョ

メキシコ北西部,ソノラ州の州都。米国国境の南250km,ソノラ川沿いに18世紀初めに建設された。1960年代に灌漑(かんがい)施設がつくられ,近代的農業地域の中心となり,近年,銅工業をはじめとする工業都市に発展した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

エルモシージョ【Hermosillo】

メキシコ北西部,ソノーラ州の州都。人口40万6417(1990)。ソノーラ川とサン・ミゲル川の合流地に位置し,原住民の定住化策によって植民が進み,18世紀半ばに町が建設された。市東部のロドリゲス・ダム建設など,1960年代以降灌漑施設への資本投下の進展により,小麦,綿花,米などの近代的農業地域の中心として発展。マドレ山脈の銅鉱業の中心地でもある。116km西,プエルト・キノ周辺はセリ族の居住地域。【栗原 尚子】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android