エルモシージョ

  • Hermosillo

百科事典マイペディアの解説

メキシコ北西部,ソノラ州州都。米国国境の南250km,ソノラ川沿いに18世紀初めに建設された。1960年代に灌漑(かんがい)施設がつくられ,近代的農業地域の中心となり,近年,銅工業をはじめとする工業都市に発展した。71万5061人(2010)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉の解説

メキシコ北西部、ソノラ州の都市。同州の州都。ソノラ川とサンミゲル川の合流点近くに位置する。18世紀にスペイン人により建設。1960年代に灌漑(かんがい)施設が整備され、近代的農業が発展。近年は自動車などの工業も盛ん。エルモシヨ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

メキシコ北西部,ソノーラ州の州都。人口40万6417(1990)。ソノーラ川とサン・ミゲル川の合流地に位置し,原住民の定住化策によって植民が進み,18世紀半ばに町が建設された。市東部のロドリゲス・ダム建設など,1960年代以降灌漑施設への資本投下の進展により,小麦,綿花,米などの近代的農業地域の中心として発展。マドレ山脈の銅鉱業の中心地でもある。116km西,プエルト・キノ周辺はセリ族の居住地域。【栗原 尚子】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

オーバーシュート

感染症の爆発的な感染拡大を指す。語源は、「(目標を)通り越す」「(飛行機などが停止位置を)行き過ぎる」という意味の英語の動詞「overshoot」。2019年12月に発生した新型コロナウイルスに関して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

エルモシージョの関連情報