コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エレクテウス Erechtheus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エレクテウス
Erechtheus

ギリシア神話に登場するアテネの伝説的王。大地から生れたエリクトニオス王の息子パンディオンの子とされるが,エリクトニオスとしばしば混同され,また彼の名にちなんでエレクテイオンと呼ばれたアクロポリスにおける最古の神殿の祭祀では,ポセイドンとも密接に結びつけられており,この3者はもとは同一であった可能性が強い。パンディオンの跡を継いでアテネの王になり,エレウシスと戦い,神託の教えに従い娘をいけにえに捧げてアテネに勝利をもたらしたが,その直後に,この戦闘で自分の息子であるトラキア王エウモルポスがエレウシス方に味方して戦死したのを怒ったポセイドンがゼウスに要請してエレクテウスを雷で打殺させたという。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

エレクテウス

ギリシア伝説上のアテナイ王。エリクトニオスと混同される。ガイアから生まれアテナ女神に養育されたという。エレウシス人を率いたトラキアのエウポルモスに侵攻された時,デルフォイの神託によって娘を犠牲にささげ,市を救った。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

エレクテウス【Erechtheus】

ギリシア伝説のアテナイ王。父パンディオンの死後,その王位を継いだ。ポセイドン神の子でトラキア人のエウモルポスがエレウシス人を率いてアテナイに攻め寄せたとき,娘の一人を犠牲にささげるならば勝利を得ようとの神託を受けたエレクテウスは,くじで娘を選び犠牲に供すると,他の娘たちも自害してその後を追った。こうして彼は戦いに勝利をおさめたが,息子を殺されて怒ったポセイドンにより,家もろとも滅ぼされたとも,ポセイドンの依頼をうけて放たれたゼウスの雷霆(らいてい)により,うち殺されたともいう。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

エレクテウスの関連キーワードイオン(ギリシアの伝説)カライスとゼテスダイダロスケファロスケクロプスクレウサボレアスイオン