コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エレツ Yelets

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エレツ
Yelets

ロシア西部,リペツク州の都市。州都リペツクの西約 70km,ドン川支流ソスナ川にのぞむ。 1146年より知られ,長い間ロシアの南部辺境の要塞であった。 1395年チムール,1414年タタールの侵入を受け,83年モスクワ大公国領となった。古くからレース編手工業で知られ,現在ほかに電気機器,皮革,食品 (砂糖) ,たばこ,建設資材などの工業がある。教育大学がある。鉄道分岐点。人口 10万8404(2010)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エレツ
えれつ
Елец Elets

ロシア連邦西部、リペツク州にある都市。ドン川支流ソスナ川の川岸にある鉄道分岐点。人口11万9800(2003推計)。電機、皮革、食肉、製糖、たばこ工業のほか、古くから知られたレース編みの手工業がある。1146年に記録に現れ、リャザン公国の南境の要塞(ようさい)であったが、13世紀、15世紀に、モンゴル、タタールにより破壊され、16世紀に復興した。教育大学、郷土博物館がある。[中村泰三]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

エレツの関連キーワードチーホン フレンニコフ大イスラエル主義エフレーモフシオニズム

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android