コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エレファンタ Elephanta

2件 の用語解説(エレファンタの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

エレファンタ【Elephanta】

西インドボンベイ湾内に浮かぶ小島。島内には五つのヒンドゥー教石窟があり,第1窟がとくに重要である。開掘年代は,6世紀にさかのぼらせる説もあるが,8世紀とするのが穏当であろう。東北西の3方に入口,南(奥壁)に主神をまつる十字形プランで,北入口から奥壁までと東西両入口の距離は等しく約40mあり,広間西寄りにリンガ(シバ神の象徴としての男根)をまつる方形祠堂を掘り出している。主神の三面シバ胸像は544cmもの巨大な高浮彫で,圧倒的な迫力をそなえたヒンドゥー教彫刻の最高傑作の一つである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エレファンタ
えれふぁんた
Elephanta

インドのムンバイ(ボンベイ)沖、エレファンタ島にあるヒンドゥー教の石窟(せっくつ)寺院。この島に初めて上陸したヨーロッパ人が石窟の象の石像を見てこの名がつけられたといわれ、その彫像はいまムンバイ市内の公園に置かれている。石窟はいくつかあるが、有名な石窟は一つで、建築、彫刻の両面からヒンドゥー教美術の代表作とされている。建築の形式は岩山を掘り抜いた三方に前廊のある入口をもったヒンドゥー教独自の形式をなし、とくに圧巻は窟の奥の砂岩を彫った「三面のシバ神」(トリムールティ像)で、高さ5.5メートルあり、インドの代表的な彫像で7世紀の作。そのほかヒンドゥー教の神話をテーマにした群像形式の優れた浮彫りの像が6面ある。これらの石窟群は1987年、世界遺産の文化遺産として登録されている(世界文化遺産)。[永井信一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

エレファンタの関連キーワードボンベイムンバイ孟買目に浮かぶブルジ島胸に浮かぶラム島ボンベイの毒薬

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone