エローラ石窟(読み)エローラせっくつ(英語表記)Ellora Caves

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エローラ石窟
エローラせっくつ
Ellora Caves

インド西部,マハーラーシュトラ州の代表的な石窟寺院アジャンタ石窟とともに特に名高い。アウランガーバード市の北西数十 kmの地点にあり,西向きの岩山裾に全長 2km余にわたって計 34の石窟が並ぶ。南から数えて第1~12窟は7世紀前後に造営された仏教窟。第 10窟のみがチャイティヤ (礼拝堂,祠堂) で,他はビハーラ (僧堂) であり,第 11,12窟は3層。第 13~29窟は8世紀前後に造営されたヒンドゥー教窟。概して規模が大きく,建築,彫刻ともに優作が多い。中心に位置する第 16窟のカイラーサナータ寺は全姿を天然の岩から彫り出したもので,しかも壮大な規模をもつ。第 30~34窟は8~10世紀頃造営のジャイナ教窟。比較的小規模なものが多いが,第 32,33窟の上階には天井画が遺存し,アジャンタ石窟の絵画様式を継承する作例として注目される。 1983年世界遺産の文化遺産に登録。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

エローラ‐せっくつ ‥セキクツ【エローラ石窟】

インドのマハラシュトラ州アウランガーバードの西北、エローラ(Ellōra)の東方にある石窟寺院群。仏教、ヒンズー教、ジャイナ教の窟院が、主要なものだけで三四連なり、その規模と壁面の多数の彫刻により美術史上重要視される。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のエローラ石窟の言及

【インド美術】より

…チャールキヤ朝のバーダーミ,アイホーレ,パッタダカル,パッラバ朝のカーンチープラム,マハーバリプラムなどでは,南インドの古代仏教美術の特色であった柔らかな肢体の表現を保持し,とくにパッラバ朝では律動的な群像表現に優れている。7~10世紀のエローラ石窟では,仏教窟の密教系尊像が図像学上重要なほか,ヒンドゥー教窟の第14,15,16,21,29窟にすぐれた彫刻がある。それらは,バーカータカ,チャールキヤ,パッラバ各王朝の作風を継承し,質量ともにヒンドゥー教彫刻の頂点に立つ。…

※「エローラ石窟」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報