コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エンジンブレーキ エンジンブレーキengine brake

3件 の用語解説(エンジンブレーキの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

エンジン‐ブレーキ(engine brake)

自動車の走行中、アクセルペダルを離すことによって起こる制動作用。エンジンの回転が落ち、摩擦や圧縮抵抗が生じて駆動輪を制動する。下り坂道や高速道路などではフットブレーキと併用。エンブレ

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

エンジンブレーキ

エンジンの圧縮抵抗などによる自動車の制動作用。特設の装置はなく,走行中クラッチを切らずにアクセルから足を離すと,ブレーキを踏まないでも車の速度が落ちる。低速ギヤであるほど効果は大きい。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

エンジンブレーキ

engine+brake〕
自動車で、クラッチを切らずにアクセルを閉じたとき、エンジンの圧縮抵抗とエンジン・変速機の機械的摩擦抵抗によってかかる制動。低速ギヤになるほど制動力が大きくなる。下り坂道で用いる。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内のエンジンブレーキの言及

【ブレーキ】より

… 摩擦ブレーキの特殊なものとしては,チェーンブロックなどのつり上げ機で手をゆるめたときに荷が下がらないようにするために用いるねじブレーキ,回転数が高くなると効き始める遠心ブレーキなどがある。なお,自動車の走行中,クラッチを切らずにアクセルから足を離したときに作用するエンジンブレーキは,エンジンの圧縮抵抗,エンジン・変速機の機械摩擦を利用した摩擦ブレーキとみなすことができる。
[電気ブレーキ]
 電磁ブレーキや磁極間におかれた導体が移動するときに生ずる渦電流による制動作用を利用した渦電流ブレーキを含めることもあるが,ふつう電気ブレーキといえば電動機を発電機として用いる発電ブレーキや電力回生ブレーキをいう。…

※「エンジンブレーキ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

エンジンブレーキの関連情報