コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エンテベ空港事件 エンテベくうこうじけん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エンテベ空港事件
エンテベくうこうじけん

1976年7月,イスラエルの特殊部隊がウガンダエンテベ空港を奇襲し,ハイジャック犯人らを射殺,人質を救出した事件。同年6月 27日イスラエル人約 80人を含む 258人の乗客を乗せたエールフランスのエアバス機が,アテネ空港を離陸した直後にハイジャックされ,リビアのベンガジ空港で給油したのち,ウガンダのエンテベ空港に着陸。西ドイツ人2人,パレスチナ人2人を含むハイジャック犯人は,イスラエル,西ドイツ,ケニア,スイス,フランスに拘禁されているパレスチナ・ゲリラ 53人の釈放を要求。仲介に立ったウガンダのイディ・アミン大統領は,これをフランス外務省に伝達。その後人質は,イスラエル人およびユダヤ系の乗客・乗員 103人を残して解放されたが,犯人の要求期限が切れる 10時間前の7月4日午前1時,4機のハーキュリーズ輸送機に分乗したイスラエル・コマンド部隊 100~200人が突如エンテベ空港に着陸,奇襲攻撃をかけ,人質を救出して飛び去った。この攻撃によってハイジャック犯人7人が射殺され,空港警備のウガンダ兵多数が死亡したほか,追撃を避けるための予防措置として,空港にあったウガンダ空軍のミグ戦闘機 11機がイスラエルにより破壊された。一方,イスラエル側も兵士1人が死亡し,人質3人も命を失った。この作戦は大きな国際的波紋を巻き起こし,アフリカ統一機構 OAU首脳会議や東側諸国はイスラエルの行動について,国際法を無視し,ウガンダの主権を犯すものとして非難した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

エンテベ空港事件の関連キーワードモサド

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android