エントロピー弾性(読み)えんとろぴーだんせい

  • entropy elasticity

化学辞典 第2版の解説

統計力学によれば,平衡状態におけるエントロピーは,その状態でとりうる微視的な形態の数に比例する.したがって,物体に外力を加えて微視的な形態(あるいは準位)の数の少ない状態をもたらすと,もとの状態に戻ろうとする力がはたらく.これをエントロピー弾性という.気体の圧縮ゴム伸長などに際してはたらく力がこれである.ただし,エントロピー弾性のある系でも,エネルギー弾性(格子のひずみ,その他)も同時にはたらいている場合もあるので注意を要する.[別用語参照]ゴム弾性

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

世界大百科事典内のエントロピー弾性の言及

【ゴム状弾性】より

…すなわち,ゴムの伸びた状態は元の状態に比べてエントロピーの小さい状態であるため,エントロピーの大きい状態へ移行しようとし,これがゴムの弾性力を与えることになる。このようにエントロピーの減少が弾性力の起源となる弾性はエントロピー弾性と呼ばれる。鎖に外力Kが働いてつり合っているときには,K=-T(∂S/∂R)の関係を満たす(Tは絶対温度)。…

※「エントロピー弾性」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

二・二六事件

1936年2月 26~29日,東京で,国家改造を目指す陸軍青年将校が陸軍部隊を率いて反乱,クーデターを試みた事件。 26日早朝の蜂起後,27日東京に戒厳令がしかれたが,28日反乱部隊は「騒擾部隊」とさ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android