コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エンパイア・ステート・ビル Empire State Building

世界大百科事典 第2版の解説

エンパイア・ステート・ビル【Empire State Building】

ニューヨークのマンハッタン地区にある超高層建築スカイスクレーパー(摩天楼)の代表的作例。デュポン家4代目の一人,ピエールの注文でシュリーブ・ラム・ハーマン建築事務所が設計。好景気に沸く1920年代に計画されたが,建設開始は大恐慌直後の30年で,翌年竣工。第2期超高層建設時代の最後の作品となった。当初はテナントもなく,がら空きの状態が続いたが,現在は約1万のテナントが入り,約2万5000人を収容。102階,381mの世界最高の建物として約40年間王座を保ってきたが,今日ではシアーズ・タワー(シカゴ),世界貿易センター(ニューヨーク)についで世界第3位。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のエンパイア・ステート・ビルの言及

【スカイスクレーパー】より

…シンガー・ビル(1907)やウールワース・ビル(1913,C.ギルバート)などが代表例。大恐慌後の一大建設ブームの中で,クライスラー・ビル(1930,W.バン・アレン),エンパイア・ステート・ビル(1931,シュリーブ,ラム,ハーモン),ロックフェラー・センター(1931‐40,R.フードほか)が世界最高を競いあい,第2黄金期を築いた。 第2次大戦後はカーテンウォール構造による平明な版型建築が主流となり,敷地また地上階の大半を都市広場として公開する配置計画とともに,一つの定型となった。…

【超高層建築】より

…22年,シカゴ・トリビューン社の本社屋競技設計当選案をはじめとして,自動車産業の象徴としてのクライスラー・ビル(1930。77階)やエンパイア・ステート・ビル(1931。102階)はこの時代を象徴するスカイスクレーパーであり,この表現形式は29年,ニューヨーク株式市場の大暴落に始まる大恐慌まで続いた。…

【鉄骨造建築】より

…同じころアメリカで鉄骨造建築が普及し,1885年シカゴに10階建てのホーム・インシュアランス・ビルが近代的構造原理にのっとり耐火的で採光のよい高層事務所建築として完成し,これにつづいてアメリカでは各地に鉄骨造の摩天楼が多数建てられるようになった。1913年ニューヨークに完成した55階建てのウールワース・ビル,31年の102階建てエンパイア・ステート・ビルなど,いずれも鉄骨を軽い耐火材で包む形式のものである。また1921年,L.ミース・ファン・デル・ローエによって発表されたガラスと鉄の摩天楼案は,その後の世界の近代建築運動に大きい影響をあたえた。…

【塔】より

…他には,モデル工場の鉄とガラスの階段塔(グロピウス設計,1914)があり,天文台であるアインシュタイン塔(メンデルゾーン設計,1921)やル・ランシーのノートル・ダム教会の塔(A.ペレー設計,1924)は鉄筋コンクリートの塔である。19世紀末のエレベーターの発明により高層建築が可能になり,いち早くシカゴで,次いで20世紀になってニューヨークでスカイスクレーパー(摩天楼)が生まれ,高さ381mのエンパイア・ステート・ビル(シュリーブ他設計,1929‐31)によって第1期の高さ比べは一段落した。バウハウス時代のミース・ファン・デル・ローエによる鉄とガラスの摩天楼プロジェクト(1922)は,1950年代以後に現実のものとなり,明快な超高層建築を出現させた。…

※「エンパイア・ステート・ビル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

エンパイア・ステート・ビルの関連キーワードマンハッタン(アメリカ合衆国)メトロポリタン生命保険ドキュメンタリー写真ルイス・W. ハインドナルド トランプクライスラー・ビルニューヨーク(市)アラン ロベールミノル・ヤマサキキング・コングダウンタウンフェレーリ高層建築五番街ハイン

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

エンパイア・ステート・ビルの関連情報