コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テナント テナントTennant, Smithson

6件 の用語解説(テナントの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

テナント
テナント
Tennant, Smithson

[生]1761.11.30. ヨークシャー,セルビー
[没]1815.2.22. フランスブーローニュ
イギリスの化学者。エディンバラ大学医学部で J.ブラックに学んだのち,ケンブリッジ大学に移り,1796年医学の学位取得。ケンブリッジ大学化学教授 (1813) 。スウェーデン,フランスなどを広く旅行。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

リフォーム用語集の解説

テナント

ビルや百貨店・ショッピングセンター・などの一部区画を賃貸借契約の元で所有・管理・運営者から借り受けて営業する貸店舗の事。

出典|リフォーム ホームプロ
リフォーム用語集について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

テナント【Charles Tennant】

1768‐1838
イギリスの工業化学者・企業家。漂白工から身をおこし,化学工場を経営した。1774年K.W.シェーレが塩素を発見し,次いで85年にC.ベルトレは,塩素溶液の漂白力に注目し,布の漂白剤として用いたが,液体のため輸送が困難であった。そのような状況にあってテナントは漂白剤の製造に従事し,99年塩素を消石灰に通じることによって粉末化に成功し,漂白業に革命をもたらした。彼はすぐにこの漂白粉(さらし粉)の製造に関する特許を得て,この製造工場をセント・ロロックスにつくった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

テナント【tenant】

貸しビルなどの借り手。店子たなこ

テナント【Smithson Tennant】

1761~1815) イギリスの化学者。ダイヤモンドが炭素であることを証明。また、オスミウム・イリジウムを発見。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

テナントの関連キーワードシュパンベルグスパンベルグ叙勲日本酒の消費量猪飼敬所いろは新助蔡温杉浦乗意三国節吉見幸和

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

テナントの関連情報