コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テナント(英語表記)Tennant, Smithson

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

テナント
Tennant, Smithson

[生]1761.11.30. ヨークシャーセルビー
[没]1815.2.22. フランス,ブーローニュ
イギリスの化学者。エディンバラ大学医学部で J.ブラックに学んだのち,ケンブリッジ大学に移り,1796年医学の学位取得。ケンブリッジ大学化学教授 (1813) 。スウェーデン,フランスなどを広く旅行。ダイヤモンドが純炭素であることを証明し,また白金鉱の精製過程で生じる残留物から,新元素イリジウムオスミウムを発見,命名した。ロイヤル・ソサエティ会員 (1785) 。ロンドン地質学協会創立会員 (99) 。 1804年コプリー・メダル受賞。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

テナント(tenant)

ビルなどの一区画の借り主。
貸店舗。「15のテナントが3月に一斉オープン」
[補説]2は日本語での用法

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

テナント【Charles Tennant】

1768‐1838
イギリスの工業化学者・企業家。漂白工から身をおこし,化学工場を経営した。1774年K.W.シェーレが塩素を発見し,次いで85年にC.ベルトレは,塩素溶液の漂白力に注目し,布の漂白剤として用いたが,液体のため輸送が困難であった。そのような状況にあってテナントは漂白剤の製造に従事し,99年塩素を消石灰に通じることによって粉末化に成功し,漂白業に革命をもたらした。彼はすぐにこの漂白粉(さらし粉)の製造に関する特許を得て,この製造工場をセント・ロロックスにつくった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

テナント【tenant】

貸しビルなどの借り手。店子たなこ

テナント【Smithson Tennant】

1761~1815) イギリスの化学者。ダイヤモンドが炭素であることを証明。また、オスミウム・イリジウムを発見。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

テナントの関連情報