コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イルミネーション illumination

翻訳|illumination

デジタル大辞泉の解説

イルミネーション(illumination)

色とりどりの電灯をつけて飾ること。電飾。電光飾。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

イルミネーション

(1)電飾とも。建造物,艦船などの外郭に照明をあてて浮き出させたり,電球ネオン管を外郭に沿って配置したりして飾ること。日本では1903年に大阪で開かれた第5回内国勧業博覧会の会場正門に設置されたのが本格的なもので評判となったが,これ以前にガス灯による飾りが行われていた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

イルミネーション【illumination】

これは元来,照明(ライティングlighting),照度(イルミナンスilluminanceと呼ぶ),電飾のこと。俗にいうイルミネーションは,建物の周辺に沿って多数の電球群を点灯した電気サインを指し,日本での起源は,1903年大阪天王寺公園で開催された第5回内国勧業博覧会の会場正門に6700余灯の電球をつけ,〈第五回勧業博覧会〉という文字を運筆の順序により,点滅7回に及ぶイルミネーションを装置した。この名は1889年パリの万国博覧会で使用されたものであるが,これをそのまま,まねたものといわれる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

イルミネーション【illumination】

たくさんの電灯をともした飾り。電光飾。電飾。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イルミネーション
いるみねーしょん
illumination

もともとは照明を意味することばであるが、著名な建築物や橋梁(きょうりょう)、特殊な装飾的建物、船舶などの外郭や周縁部に、電球や蛍光ランプ、あるいは発光ダイオードやネオン管などの光源を配置して電飾することをいう。電飾は光源そのものを見せることによって外郭の美しさを強調することがねらいなので、建造物のライトアップ(投光器で照明すること)とともに景観照明手法の一つとされている。
 このような例として東京タワー(1958年竣工(しゅんこう))のイルミネーションがある。当初、タワーの鉄骨に沿って多数の白熱電球が取り付けられ、タワーの美しい輪郭が夜空に映えた。その後1989年(平成1)に投光器によるライトアップと緑色電球によるイルミネーション(タワーの下部のみ)の照明に改装された。また、本州四国連絡橋の明石(あかし)海峡大橋(1998年竣工、中央径間1991メートル)や南備讃(みなみびさん)瀬戸大橋(1988年竣工、中央径間1100メートル)、来島(くるしま)海峡大橋(1999年竣工、中央径間1030メートル)のケーブルに取り付けられた光源群もイルミネーションである。
 商業施設のファサード(建築物の正面)や看板の縁どりには小形の電球や発光ダイオードまたはネオン管を用い、装飾と広告を引き立たせる手段としている。これらは人目を引くために明滅させることもある。季節的行事である夏の納涼船や冬の主要街路樹、クリスマス・ツリーなどをイルミネーションで飾ることがある。仙台市定禅寺(じょうぜんじ)通りのケヤキ並木のイルミネーション、ニューヨークのロックフェラー・センターのクリスマス・ツリーなどは、その大きさと美しさにおいて有名である。なお、日本における初めてのイルミネーションは、1903年(明治36)大阪市天王寺(てんのうじ)で開催された第5回内国勧業博覧会で行われた、6700個の白熱電球による建物の外郭照明である。
 建造物の表面を夜空に浮き立たせる照明手法として、ハロゲン電球やHIDランプ(high intensity discharge lampの略、高輝度放電ランプ)を用いた投光照明があるが、これも広義のイルミネーションの一種である。記念碑的な建造物や神社仏閣などには、投光照明にサーチライトを加えた照明方法も使われる。日本では1980年代前半ころより、このような建造物を投光器などで照らすことをライトアップと称しているが、これは和製英語で、正しくはフラッドライティングfloodlighting(投光照明)である。[高橋貞雄]
『東京都「照明のデータシートNo.922 東京タワーの照明」(『照明学会誌』第73巻9号所収・1989・照明学会) ▽照明学会編・刊『照明学会75年史 照明技術の発達とともに』(1991)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のイルミネーションの言及

【写本画】より

…写本のページに施された装飾をいう。イルミネーションillumination,ミニアチュールminiatureともいう。これには写本の本文(テキスト)の内容に即した挿絵(イラストレーション),画面の周囲などに配する抽象的文様,文章の冒頭に用いる凝った飾り頭文字(イニシャルinitial)などがある。…

【照明】より

…照明とは,光を人間の生活に役だたせる技術である。人間の生活にはさまざまな局面があるので,照明技術も幅広い内容をもつ。照明はおおまかに次の5領域に分けられる。(1)物とその周辺を光で照らして見えるようにする照明。事務所,学校,工場などの照明がこれにあたる。(2)光を利用して人間の情緒に訴えようとする照明。レストラン,喫茶店,ショーウィンドー,舞台,噴水などの照明。(3)交通信号,道路情報表示装置,ネオンサイン,スコアボード,各種のディスプレーなどのように光源そのものを情報の伝達手段として利用する領域。…

※「イルミネーション」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

イルミネーションの関連キーワードリージェントストリートのクリスマスイルミネーションロックフェラーセンターのクリスマスツリー点灯式キミ記念日~生まれて来てくれてアリガトウ。~トラファルガー広場のクリスマスライトアップウィーン市庁舎前のクリスマスマーケットニュルンベルクのクリスマスマーケットキンデルダイクウィンターフェスティバルオブライツシャンゼリゼ通りのイルミネーションクリスマスインザトロピックスベンジャミン ブリトゥンTWINKLE JOYOサウセンド・オン・シーエンパイアステートビルクリスティン デービスベツレヘムのクリスマスホノルルシティライツ智頭町の死亡交通事故イタリアのクリスマスジョシュ グローバン

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

イルミネーションの関連情報