オオハサミムシ(読み)おおはさみむし

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オオハサミムシ
おおはさみむし / 大・大鋏虫
[学]Labidura riparia

昆虫綱ハサミムシ目オオハサミムシ科の昆虫。世界各地に分布し、日本では河原や海岸の石やごみの下などにみられる。体長25~30ミリメートルで、体は赤褐色ないし暗褐色、とくに後頭部や左右の前ばねの合わせ目付近は赤みが強い。後ろばねは乳白色、短翅(たんし)と長翅の2型がある。尾端のはさみは左右相称で、雄のはさみの内縁中央付近に歯が1個ある。[山崎柄根]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のオオハサミムシの言及

【ハサミムシ(鋏虫)】より

…ヨーロッパハサミムシForficula auricularia(英名European earwig)は,果実などを加害する重要な農業害虫であるとともに耳の穴に入ったりする衛生害虫でもある。日本では,オオハサミムシLabidura ripariaが稚蚕を捕食または傷害を与えたりするとの報告があるが,重要な害虫には至っていない。【西川 勝】。…

※「オオハサミムシ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android