コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オオバキスミレ おおばきすみれ

1件 の用語解説(オオバキスミレの意味・用語解説を検索)

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オオバキスミレ
おおばきすみれ / 大葉黄菫
[学]Viola brevistipulata (Fr. et Sav.) W. Becker

スミレ科の多年草。根茎は横にはって分岐し、その先に新株が出る。地上茎は直立し、高さ15~30センチメートル、基部に1~2、上部に小数の心臓形の葉をつける。托葉(たくよう)は広卵形で全縁。地上茎の基部に鱗片葉(りんぺんよう)が集まる。5~6月、茎の上部から腋生(えきせい)した黄色の花が1~3個開く。花弁の距(きょ)は短く、半球形。雌しべの先が膨らみ、両側に毛がある。日本の中部から北部の多雪地帯に分布する。本州中部地方の高山帯には小形で茎が紫色の変種ナエバキスミレ、北海道の蛇紋岩地帯には葉が厚く表面に光沢のあるエゾキスミレが分布するなど、変化が多い。[橋本 保]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のオオバキスミレの言及

【スミレ】より

…花柱の先は二叉(にさ)状にふくらむ。オオバキスミレV.brevistipulata (Fr.et Sav.) W.Beckerは地域的な変異が著しいが,普通は地下茎が横に伸びて分岐し,越冬芽は赤くて丸い。地上茎は直立し,高さ10~30cm,0~2枚の根生葉のほかは茎の上部に互生する数枚の葉がある。…

※「オオバキスミレ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

オオバキスミレの関連情報