オオバボダイジュ(読み)おおばぼだいじゅ

  • Tilia maximowicziana Shirasawa
  • おおばぼだいじゅ / 大葉菩提樹

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シナノキ科の落葉高木。高さ20メートル、樹皮は灰赤褐色、若枝には淡黄色の星状毛が密生する。葉はシナノキに比べて大形で、長さ7~18センチメートル、先は尾状にとがり、細い鋸歯(きょし)があり、基部は普通深い心臓形となる。葉の裏面と脈上には星状毛があり、主脈と側脈の分岐点には褐色の毛がある。裏面の星状毛がまばらなものを変種モイワボダイジュとして区別することもある。花は6~7月、へら形の包葉をもつ下向きの散房花序につき、淡黄色。果実には褐色の毛がある。本州の中部・北部、北海道の山地に生える。シナノキ(別名アカシナ)に対してアオシナと称し、合板原木として用いられる。[門田裕一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のオオバボダイジュの言及

【シナノキ】より

…近畿地方から九州まで分布する。本州中部から北海道まで分布するオオバボダイジュT.maximowicziana Shiras.は葉は大きく,長さ10~14cmに達し,葉脈の脈腋に毛束がある。寺院によく植えられるボダイジュT.miqueliana Maxim.(イラスト)は葉は長さ5~10cmで裏面には灰白色の淡毛を密生する。…

※「オオバボダイジュ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android