コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オオヒキガエル Bufo marinus; giant toad

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オオヒキガエル
Bufo marinus; giant toad

カエル目ヒキガエル科。体長 20cm内外の大型のヒキガエル。眼のうしろの耳腺が著しく発達し,そこから分泌される粘液毒性も非常に強い。南アメリカ原産であるが,サトウキビなどの害虫駆除のために世界各地に移入され,大きい効果をあげた。しかし,小笠原諸島のような小さい島々に移入されて繁殖した場合には,原産の動物の恐るべき天敵となって有害視されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

オオヒキガエル

中南米原産の大型のカエル。体長は8~15センチ。池や水田などで生息し、ほぼ一年中繁殖する。昆虫を餌とし、ネズミやヘビなどの小動物を食べることもある。敵に襲われると耳の後ろの皮膚から毒を出す。主成分のブフォトキシンは、哺乳(ほにゅう)類など脊椎(せきつい)動物に対して心停止を起こさせるほどの強心作用がある。05年に特定外来生物に指定され、飼育や遺棄などに制限がある。

(2009-08-15 朝日新聞 夕刊 1総合)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

オオヒキガエル【giant toad】

耕地の害虫駆除の目的で,世界の各地に移入されているヒキガエル科の1種(イラスト)。オオヒキガエルはヒキガエル属Bufoの最大種で,雄は体長12cm,雌は雄よりも大がらで体長15~20cm,最大は23.8cm,体重1.3kgにも達する。しかし変態直後の子ガエルはわずか1.2cmほどにすぎない。眼の後方にある耳腺はヒキガエル類の中でもとくに大きく,分泌される液は毒性が強いため,人の眼や粘膜に付着すると危険であり,また,卵も強い毒性を持つといわれる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のオオヒキガエルの言及

【ヒキガエル(蟇∥蟾蜍)】より

…約31属366種がオーストラリアなど一部を除く世界各地に広く分布する。体長10~15cmの大型種が多く,最大はヒキガエル属Bufoの熱帯アメリカに分布するオオヒキガエルB.marinus(イラスト)やコロンビアヒキガエルB.blombergiの最大体長20cmあまり。しかし南アフリカのローズヒキガエルB.roseiは体長約3cm,東南アジアのモリヒキガエル属Pelophryneなどは2~3cmに過ぎない。…

※「オオヒキガエル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

オオヒキガエルの関連キーワードヒキガエル(蟇∥蟾蜍)小笠原諸島の自然

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

オオヒキガエルの関連情報