コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

母島 ははじま

5件 の用語解説(母島の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

母島
ははじま

東京都小笠原諸島南部にある母島列島最大の島。小笠原支庁小笠原村に属する。乳房山(463m)を頂点に丘陵性を示す。かつて西部ではサトウキビが栽培された。海岸は断崖をなすが,東港,北港,沖港などの錨地がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

はは‐じま【母島】

東京都、小笠原諸島中の母島列島の主島。父島列島の南に位置する。標高463メートルの乳房山がある。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ははじま【母島】

小笠原諸島の母島列島の主島。面積約21平方キロメートル。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔東京都〕母島(ははじま)


小笠原(おがさわら)諸島中部、母島列島の主島。父(ちち)島の南約36kmに位置する。面積20.2km2。東京都小笠原村に属する。南北約13kmと細長く、乳房(ちぶさ)山(標高463m)を主峰とする山がちの島。小笠原国立公園に属し、全島が亜熱帯樹林におおわれる。生育する植物のうち86種余りが固有種。野菜・花卉(かき)・果樹栽培の農業と漁業が盛ん。

出典|講談社
日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

母島
ははじま

東京都小笠原(おがさわら)諸島の母島列島の主島。小笠原諸島中父島に次ぐ第二の島。小笠原支庁小笠原村に属する。面積20.2平方キロメートル。第三紀に活動した海底火山の堆積(たいせき)物がのちに隆起してできたもので、島の中央に最高峰の乳房(ちぶさ)山(463メートル)がある。地質は主として安山岩、玄武岩類の火山岩で、一部にサンゴ石灰岩地帯がある。亜熱帯性気候のため、自生する植物も128種のうち86種もの固有種が認められている。動物も多様で、透明度の高い海中景観もみごとであり、全島にみられる海食地形や東部のカルストなどとともに優れた自然を形成している。南北に縦貫道路が通り、南の沖港が母島の玄関口で、周りに小笠原支庁母島出張所、村役場出張所がある。島唯一の集落、民宿、旅館も沖港を囲むようにしてある。父島との連絡船もここに到着する。人口430(2009)。[菊池万雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の母島の言及

【小笠原諸島】より

…伊豆諸島の南方,太平洋上にある聟島列島父島列島母島列島硫黄列島(火山列島),西之島南鳥島沖ノ鳥島の小島を含む島嶼(とうしよ)群。全域が東京都小笠原支庁小笠原村に属し,行政中心は父島の大村で,東京都小笠原支庁がおかれ,母島に出張所がある。…

【母島列島】より

…東京都小笠原支庁小笠原村に属する。北緯26゜32′~43′,東経142゜07′~15′に位置し,最大の母島(面積21km2)を中心に姉島,妹島,姪島,向島,平島などの小島からなり,総面積28km2。古第三紀の海底火山が隆起,開析されたもので,周囲は高い海食崖に囲まれる。…

※「母島」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

母島の関連情報