コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オオフウチョウ Paradisaea apoda; greater bird-of-paradise

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オオフウチョウ
Paradisaea apoda; greater bird-of-paradise

スズメ目フウチョウ科。全長 45cm(後述の針金様の 2本の尾羽を除いた全長),雌35cm。雌雄異色。雄は後頭から後頸が黄色,喉は緑色。胸から腹は紫褐色。体の後部側面(脇)にふさふさした黄色ないしは黄赤色のレース状の長い飾り羽があり,尾羽の中央の 2本は羽軸だけからなり針金のように長く伸びる。森林にすみ,高木の梢に多数の雄が集まってディスプレイを行なう。頭を下げて脇の飾り羽や半開きにしたを小刻みに震わせて雌をひきつける。乱婚性で,雌は交尾後単独で営巣し,を育てる。果実や種子,昆虫を食べる。ニューギニア島と近くのアル諸島に分布する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オオフウチョウ
おおふうちょう / 大風鳥
greater bird-of-paradise
[学]Paradisaea apoda

鳥綱スズメ目フウチョウ科の鳥。ニューギニア島南部とアルー諸島に分布しており、全長約45センチメートルで、雌はやや小さい。上半身は濃緑色と黄色、下半身はブドウ色で、わきに長さ50センチメートルに及ぶ多数の飾り羽の房がある。この飾り羽の色が淡黄色であることによって近縁種と区別できる。雌は飾り羽がなく全身ブドウ色である。[浦本昌紀]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

オオフウチョウの関連キーワード風鳥