コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オグボモショ Ogbomosho

デジタル大辞泉の解説

オグボモショ(Ogbomosho)

ナイジェリア西部、オヨ州の都市。オスン川沿いに位置する。17世紀にヨルバ族の都市国家として建設。現在は綿工業が盛ん。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

オグボモショ

ナイジェリア西部,イバダン北北東88kmにあるヨルバ人の都市。綿織物,商業の中心地。103万9000人(2010)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

オグボモショ【Ogbomosho】

西アフリカのナイジェリア南西部,内陸にある都市。人口71万2000(1995)。オヨの北方にあるヨルバ族の町としては,イバダンに次ぐ人口をもつ地方都市である。農業地帯の中心をなす商工業都市であり,綿織物を特産物としているが,各種軽工業も盛んである。17世紀に創設され,ヨルバ族の内戦,北方からのフルベ(フラニ)族の侵略などを経験したが,商業活動に支えられて繁栄してきた。【西野 照太郎】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オグボモショ
おぐぼもしょ
Ogbomosho

西アフリカ、ナイジェリア西部、オヨ州、イバダンの北北東90キロメートルにある都市。人口71万1900(1995)。西部ナイジェリアでは、ラゴス、イバダンに次ぐ大都市である。ヨルバ人の町で、ナイジェリア南部と北部を結ぶ国道1号が通る。近郊でパンヤ(木綿)がつくられ、町では綿織物業が盛んである。[島田周平]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android