オザーク高原(読み)オザークこうげん(英語表記)Ozark Plateau

  • オザークこうげん〔カウゲン〕

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アメリカ合衆国,ミズーリ州セントルイスから南西方,アーカンソー川にいたる間の森林におおわれた高原地帯。面積約 13万 km2の 66%はミズーリ州南部を占め,一部はアーカンソー州オクラホマ州カンザス州に及ぶ。主として花崗岩と,ゆるやかに曲げられ石灰岩とから成るドームの山地で,南部のボストン山地が最も高く,600mをこす山頂が多い。西部スプリングフィールド高原は浸食をこうむっていないが,東部のセーレム高原は開析が進んで,起伏の大きな地形となっている。観光地で亜鉛の主要鉱山もある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

Ozark Plateau》米国中央部、ミズーリ州南部とアーカンソー州北部西部に広がる高原地帯。もっとも標高が高い山(約780メートル)をもつボストン山脈、鉛・亜鉛・鉄を産するセントフランシス山脈などがある。各種レクリエーションが盛んな観光地、保養地も多い。オザーク山地

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

オザーク高原の関連情報