コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

開析 カイセキ

デジタル大辞泉の解説

かい‐せき【開析】

[名](スル)台地状の地形が川によって浸食され、数多くのが刻まれること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かいせき【開析】

( 名 ) スル
地表面が、多くの谷で刻まれ、その連続性を失って細分化されること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

開析
かいせき

侵食作用によって地表が削られる現象。開析が行われる原因には、降雨による雨滴の打叩(だこう)作用、雨が斜面上を流れて侵食する現象(雨食)、河川の流水の作用(河食)、氷河の侵食作用(氷食)、風の侵食作用(風食)、水の化学的侵食作用(溶食)などがある。これらの諸原因とそれを受ける地表の状態(岩石の性質や植生の状態など)とが複雑に関係して、地表を開析し、いろいろな地形をつくる。[市川正巳・村田明広]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

開析の関連キーワードザバナ・ヌトレニャナ山タスマニア[島]アルダン高原シマンタ山塊クラマス山脈リアス式海岸バンクス半島パミール高原新宿[区]コラプット赤坂〈町〉奥能登丘陵老年期地形幼年期地形シャン高原開析台地プログ山上毛三山江古田層終堆石堤