コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

開析 カイセキ

3件 の用語解説(開析の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かい‐せき【開析】

[名](スル)台地状の地形が川によって浸食され、数多くの谷が刻まれること。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

開析
かいせき

侵食作用によって地表が削られる現象。開析が行われる原因には、降雨による雨滴の打叩(だこう)作用、雨が斜面上を流れて侵食する現象(雨食)、河川の流水の作用(河食)、氷河の侵食作用(氷食)、風の侵食作用(風食)、水の化学的侵食作用(溶食)などがある。これらの諸原因とそれを受ける地表の状態(岩石の性質や植生の状態など)とが複雑に関係して、地表を開析し、いろいろな地形をつくる。[市川正巳・村田明広]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone