コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オットンガエル Babina subaspera; Otton frog

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オットンガエル
Babina subaspera; Otton frog

カエル目アカガエル科。体長 12cmに達する大型のカエル。体は緑色がかった暗褐色で多数のいぼがあり,一見ヒキガエルの仲間に似ている。前肢の第1指は肉質の袋に包まれた棘状で,身を守るための武器として使われる。初夏,水たまりのそばなどに皿状のくぼみをつくって産卵する。幼生の成長は遅い。奄美大島特産種

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オットンガエル
おっとんがえる
[学]Rana subaspera

両生綱無尾目アカガエル科のカエル。奄美(あまみ)大島に生息し、現地では単にオットンとよばれる。背面は茶褐色で小黒斑(こくはん)が散在し、皮膚にある小さな隆起は体側部に顕著で、腹面には不規則な大形暗色斑がある。ずんぐりした体形で、体長は12センチメートルに達する。森林内や林縁部の浅い水たまりにすみ、夏季に産卵する。沖縄本島にすむ近縁のホルストガエルR. holstiとともにカエルとしては例外的に前肢に5本の指があり、第1指の骨は鋭くとがって、ひっかかれると出血する。[倉本 満]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のオットンガエルの言及

【アカガエル(赤蛙)】より

…日本産アカガエル類20種のうち最も美しいのは奄美大島・沖縄本島産のイシカワガエルR.ishikawae(イラスト)で,体長10~13cm,山地の森林中に生息し昼間は横穴に隠れている。体長14cmに達する奄美大島産オットンガエルRana (babina) subaspera(イラスト)と前者より少し小さい沖縄本島産ホルストガエルR.(b.) holstiは2種でバビナ属を構成している。本属の特徴は前肢が5指制なことで,しかも第1指の骨がとげ状をしており自衛の武器となっている。…

※「オットンガエル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

オットンガエルの関連キーワード倉本

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

オットンガエルの関連情報