コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オッポルツァー Theodor Ritter von Oppolzer

2件 の用語解説(オッポルツァーの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

オッポルツァー【Theodor Ritter von Oppolzer】

1841‐86
オーストリア天文学者プラハに生まれ,ウィーン天文学と医学を学び,1865年に医学で学位を取得,のち天文学の研究に専心した。66年からウィーン大学で天文学を講じ,75年に教授となった。すい星,小惑星の軌道決定や軌道改良などの多数の論文があり,その著《すい星と惑星の軌道決定法》全2巻(1882。改訂増補版)はこの方面の当時の知識を集大成したものである。しかし,オッポルツァーの名をもっとも著名にしたのは《食宝典》(1887)である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オッポルツァー
おっぽるつぁー
Theodor Ritter von Oppolzer
(1841―1886)

オーストリアの天文学者。プラハに生まれ、ウィーン大学で天文学を修め、1866年同大学講師、1875年教授に就任した。専攻は数理天文学で、惑星・彗星(すいせい)の軌道、日月食要素などの計算法を研究し、応用天文学の分野ではヨーロッパ各地の経緯度の決定に寄与した。著書『軌道決定法教科書』全2巻は1870~1880年の間に執筆されたもので、現在もなお典拠となっている。これに続いて1887年に『日月食宝典』と題する大著を刊行した。これは紀元前1207年から紀元後2163年までの長期間にわたる食現象を推算した集大成である。また地球自転軸の振動についても研究した。[島村福太郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

オッポルツァーの関連キーワードオーストリア学派ザイデルバウアーハンメンガーオーストリア併合オーストリアハンガリー帝国オーストリーオーストリアのメーデーオーストリアン・スムース・ブラッケ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone